2006年11月02日

巨人の桑田、米球界挑戦を表明

プロ野球巨人の桑田真澄投手(38)が2日、米球界入りを目指すことを表明した。同投手は同日、都内の球団事務所で清武英利球団代表と話し合い、米球界入りに挑戦することで合意した。(時事通信)



なんか対照的なんだよね...そうです。桑田と松坂のことです。

昨日のポスティングで笑顔で会見をしていた松坂に対し、寂しいなあ桑田。しかも代理人など立てないでひとりぼっちの交渉でしょう。10球団が手を上げている松坂とは対照的だよなあ。


挑戦することは何歳であろうが悪くはないが
できれば日本の球団でやってほしかったなあ。



松坂が18番をつけているのもはじめは桑田にあこがれてと聞いたことがある。これも時代なのかなあ。


上り坂と下り坂。
時代とタイミング。

桑田と松坂の話を耳にするとそんな言葉が浮かんでくる。



桑田真澄―ピッチャーズバイブル18
桑田真澄―ピッチャーズバイブル18石田 雄太

集英社 1998-04
売り上げランキング : 88270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ノーラン・ライアンのピッチャーズバイブル
試練が人を磨く―桑田真澄という生き方
江夏豊の超野球学―エースになるための条件
野村ノート
心が変われば 山下智茂・松井秀喜を創った男

スポーツblogランキング


posted by (isi) at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。